奥羽大学歯学部附属病院 奥羽大学歯学部附属病院HOME

当院について

理念・基本方針

本学の建学の理念・目的である「高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する」にのっとり、次の事項を当院の基本方針とする。

  • 1) 患者さん中心の安全で安心できる医療を提供する
  • 2) 地域社会の健康増進ならびに福祉向上に貢献する
  • 3) 高度な歯科医療技術を実践する
開幕の刻
[作者:山田良定]


沿 革

昭和47年4月 東北歯科大学開学
昭和47年7月 東北歯科大学附属病院診療開始
平成元年4月 東北歯科大学を文学部増設につき奥羽大学に名称変更
東北歯科大学附属病院を奥羽大学歯学部附属病院に名称変更


特 徴

歯科医学とともに進展しつつある先進医療の実践とともに、地域社会に対する医療福祉の中核的歯科医療機関、歯科医師を養成する教育機関、高度化・細分化の進む歯科医療に対応する卒後研修機関としての使命遂行に努めている。



病院長挨拶

病院長:杉田俊博

当院は、奥羽大学の建学の理念である「高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな人材を育成する」を目的とする歯科医師養成の臨床教育機関です。歯科医療に求められる、安全で安心な、そして高度先進技術を提供するように、医学の進歩に欠かせない臨床研究を推進しながら、医療技術の向上、医療サービスの充実に心がけています。また、むし歯、歯周病、入れ歯などの一般的な治療を行っているほかに、患者様のニーズの多様化に対応すべく各種専門外来を設け、地域医療機関から最新の医療機器を用いた精密な診察や検査および特殊な疾患の治療などの依頼を受けています。診療に際しては、病める、弱める、悩める患者さんの身になって、思いやりのある丁寧な治療を心がけています。

平成18年4月から必修化された歯科医師臨床研修では、単独型臨床研修施設であるとともに管理型臨床研修施設として、多くの開業歯科医院、在宅訪問歯科、病院歯科、障害者施設、高齢者介護施設と協力して臨床研修を実施し、社会の要請に応えています。

これからも皆様から寄せられた要望に迅速に応えながら、患者様から信頼され、親しまれる病院を目指しますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Page Top