奥羽大学歯学部附属病院 奥羽大学歯学部附属病院HOME

歯っぴい健口


rfcうつくしま歯っぴい健口


歯っぴい健口

「歯っぴい健口」川柳の募集は、終了しました。
 『川柳マガジン』様のご協力により平成15年2月から行っている「歯っぴい健口川柳」は、10年目を区切りとして平成25年4月15日までの募集をもって終了しました。
『歯っぴい健口川柳』月間入賞作品

今月の入賞作品

今月の入賞作品

過去の入賞作品

平成25年度

4月 5月

平成24年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

平成23年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

平成22年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

平成21年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

平成20年度

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月


『歯っぴい健口川柳』年間優秀作品のお知らせ

 当院主催『歯っぴい健口川柳』には、福島県内はもとより全国各地から多数の作品をお寄せいただき、ご応募された方々をはじめ関係各位のご協力に深く感謝申し上げます。
 このたび平成24年度の応募作品の中から優秀作品を選考いたしましたので、お知らせいたします。


平成24年度応募作品総数

一  般 799名 1,480句
ジュニア 920名 1,233句
1,719名 2,713句


『歯っぴい健口川柳』年間優秀作品

福島県外一般

作  品 氏 名 ・ 住 所
歯の為に 妻のレシピの お気遣い 松井 賢一(群馬県)
治療後の 人生変えた 歯の並び 渡邊 妥夫(茨城県)
敗れたが 噛みしめる歯に 夢育つ 岸保 宏(埼玉県)
噛み合わぬ 会話楽しむ 老い二人 丸山 孔平(埼玉県)
虫好きも 虫歯は嫌と 歯を磨き 小林 功(千葉県)
総入れ歯 やっと昔の 惚れた顔 大竹 一良(東京都)
歯も舌も 麻酔を掛けた 柿の渋 風間 なごみ(山梨県)
テレビ消し 噛みしめるのは 家族味 奥田 雅信(兵庫県)
パクパクと 入れ歯のお陰 フルコース 澤田 昌和(兵庫県)
よく噛んで ゆるり老化を とおせんぼ 酒寄 幸子(熊本県)


福島県内一般

作  品 氏 名 ・ 住 所
よく噛めと 母が教えた 離乳食 遠藤 アキオ(郡山市)
歯の痛み なくて口笛 風にのる 遠藤 喬 一(郡山市)
白い歯の 笑顔が招く 青い鳥 鈴木 昇(郡山市)
リサイクル 出来ればしたい 白い歯に 山田 茂夫(郡山市)
義歯も老い 定期点検 欠かさない 佐藤 直康(福島市)
歯応えと 味覚に酔って いるグルメ 五十嵐 照男(須賀川市)
できるなら 美味しく食べる 歯でいたい 沢田 協子(いわき市)
リストラの 様に抜かれて いく虫歯 冨永 政巳(矢吹町)
乳歯との 引き継ぎ済ます 永久歯 白瀬 美智男(浪江町)
サクサクと 歯ごたえ春の 菜花漬け 落合 伯堂(天栄村)


ジュニア

作  品 氏 名 ・ 住 所
たべたあと ごちそうさまと はみがきね 星端 希(郡山市・小泉小)
目標は しらがになっても 白い歯で 渡邉 麗(郡山市・小泉小)
白い歯で 食べるきゅうしょく おいしいな 荒木 優花(郡山市・桃見台小)
歯みがきは むし歯ゼロへの だい一歩 鈴木 樺那恵(田村市・美山小)
おかあさん むしばをゼロに したいです 諏訪 潤(田村市・広瀬小)
歯の検査 ママのおひざは いいきもち 斉藤 達哉(小野町・小野新町小)
食べること 歯があることに 感謝して 橋本 歩佳(小野町・小野新町小)
白い歯は 心もひかる 身だしなみ 今泉 美柚(小野町・夏井第一小)
白い歯で 今日もニッコリ アナウンサー 倉崎 桜織(長野市・松代小)
歯がぬけた ぼくもおとなの 仲間入り 樽田 昭太郎(長野市・松代小)

※作品の著作権は、すべて奥羽大学歯学部附属病院に帰属しています。無断での転載、使用はご遠慮ください。



過去の年間優秀作品

平成23年度年間優秀作品 平成22年度年間優秀作品
平成21年度年間優秀作品 平成20年度年間優秀作品
Page Top